宇都宮のドライヘッドスパ専門店

TEL
WEB予約
LINEで問い合わせ
アクセス・クチコミ
Instagram
YouTube
リラクゼーション

自宅サロン開業で使える助成金や補助金5選!注意点も解説

本記事では、自宅でサロンを開業しようと考えている方向けに、自宅サロン開業の際に使える助成金や補助金について解説します。
自宅サロン開業に必要な資金を集めるために、助成金や補助金を活用したい方は、ぜひ参考にしてください。

自宅サロンの開業で活用できる助成金や補助金

自宅サロンの開業には、さまざまな助成金や補助金が活用できます。
種類や金額もいろいろな種類があるので、自分に合ったものを見つけて活用するようにしましょう。

【ヘッドスパ専門店で開業するには?資格・費用・準備事項を紹介▼】

補助金と助成金の違い

補助金と助成金は、どちらも「事業の支援などのために支給されるお金」という点で共通していますが、実は細かな違いがあります。
補助金とは、事業者が自己負担をしなければならない場合が多く、事業者が一度自分で負担した金額に対して、国や自治体が一定の割合で補助する制度です。
助成金とは、事業者が自己負担をしなくても、国や自治体が一定の金額を支給する制度です。

補助金・助成金は返済不要なものが多い

自宅サロンの開業に関する補助金や助成金は、返済不要のものが多くあります。
ただし、補助金や助成金には申請条件や期限があるため、事前に確認が必要です。
自宅サロンの開業には、多くの初期費用が必要であるため、補助金や助成金を活用することでその負担を減らすことができます。

審査や申告や報告が必要な場合が多い

補助金や助成金には、申請条件や期限があるため、事前に確認が必要です。
さらにはいくつもの書類が必要になることもあります。
申請にあたっては、役所を回ったり書類を作成したりなどの時間がかかるため、余裕を持って申請することが大切です。

自宅サロンの開業で活用できる助成金や補助金

1.小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金は、全国商工会連合会が公募している補助金です。
小規模な事業者の販路開拓などの経費を一部補助します。
自宅サロンの場合には、開業に必要な設備や備品、広告宣伝費などとして使えるでしょう。

2.事業再構築補助金

事業再構築補助金は、中小企業庁が採択している補助金です。
新型コロナによる影響からの回復やポストコロナ時代に対応する小規模事業者向けの支援です。
そのため、現在他の事業をしている方が、サロン開業など新たな分野への展開や事業再編を行う場合に使えます。

3.ものづくり補助金

ものづくり補助金は、全国中小企業団体中央会が実施している補助金です。
中小企業や小規模事業者のサービス開発や生産プロセス改善などの設備投資を支援するものです。

4.IT導入補助金

IT導入補助金は一般社団法人サービスデザイン推進協議会が運用している補助金です。
ITツールを導入しようとする中小企業や小規模事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。
自宅サロンの場合では、予約システムや決済システムなどの導入に活用できるでしょう。
場合によっては、パソコンやタブレット端末の購入そのものにも活用できる場合があります。

5.地域の自治体や商工会議所などが実施している助成金や支援

他にも、地域の自治体や商工会議所などが実施しているさまざまな助成金や支援があり、内容は地域によって異なります。

自宅サロンの開業で助成金を活用する際の注意点

対象となるかを確認

助成金は、あらかじめ対象となる事業や支援内容が決まっています。
自宅サロンの開業に必要な設備や備品、広告宣伝費などに使える助成金もありますが、使えない用途もあるので対象となるかを確認しておく必要があります。

必要書類を揃える

助成金を申請する場合は、必要書類を揃える必要があります。
場合によっては独自の申請書や事業計画書、財務諸表などが必要になる場合があります。

申請期限に注意

助成金の申請期限には注意しましょう。
申請期限を過ぎてしまうと、当然助成金の受け取りができなくなってしまいます。

給付のタイミングを確認

助成金の給付のタイミングは、助成金によって異なり、半年以上の時間が経ってから振り込まれる場合もあります。
資金切れになることがないよう、事前に給付のタイミングを確認しておくことが大切です。

課税対象になる場合がある

助成金は、課税対象になる場合があります。
助成金を受け取る場合は、税務署に確認することをおすすめします。

助成金以外で自宅サロンの開業資金を集める方法

助成金以外にも、自宅サロンの開業資金を集める方法があります。
自己資金では開業資金が全て賄えない場合でもあきらめる必要はありません。
以下で代表的な方法を紹介します。

クラウドファンディング

クラウドファンディングは、インターネットを通じて日本全国の多くの人から資金を集める方法です。
自宅サロンの開業資金を集めるために、クラウドファンディングを活用することができます。
支援してくれた方にはリターンとして、サロンの利用券や回数券、割引券などを配布するのが一般的です。

融資

開業前の段階でも銀行や信用金庫などから融資を受けることができる場合があります。
自宅サロンの開業資金として融資をしてもらえないか相談してみましょう。

まとめ

自宅サロンの開業に必要な資金を集めるために、助成金や補助金を活用する方法を解説しました。
また、助成金以外にも、クラウドファンディングや融資など自宅サロンの開業資金を集める方法がありますので、ぜひ参考にしてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

  1. 【麻布十番】ヘッドスパサロンおすすめ5選【口コミで人気】

  2. 【練馬】ヘッドスパサロンおすすめ5選【口コミで人気】

  3. 【中目黒】ヘッドスパサロンおすすめ5選【口コミで人気】

PAGE TOP